スタンプを使った遊び

シャチハタイメージ

シャチハタと印鑑の知識。
シャチハタも印鑑も普段使う身近なものですが、それに関する詳しい話は案外、世間に知られていないことの方が多いのです。

シャチハタ・印鑑の正しい使い方をしていくには、知識を広める必要があるでしょう。

そこでこれから、シャチハタ&印鑑の知識を、すこしずつではありますが、知っていきたいと思います。

それではまず、印鑑登録についてです。
印鑑登録をする際には、役所などの公的な場所で、印鑑を持って行って手続きをする必要があります。

しかしシャチハタは、「ゴム印」を使っているので登録することができません。
長い年月の中でインクが劣化し、せっかく捺印したものが見えなくなってしまう恐れや、シャチハタのゴム印がすり減ってしまうからです。

しかし、朱肉を使うタイプの印鑑なら、印鑑登録は可能です。
100円SHOPなどで売っている印鑑でもかまいません。

もちろん、自分で手作りで彫った印鑑や、シマウマ・カバ・ペンギン・サルなど、イラストの入った印鑑、つまりオリジナルの物でも構いません。

それは、シャチハタは大量生産が可能なため、本物と偽物の見分けがつかなくなる恐れを防止するためでもあるのです。
もちろん、銀行印でも印鑑登録は出来ます。

しかし、銀行印と併用してしまうと、万が一なくしてしまった場合は、銀行印と実印、二つとも紛失してしまった事になり、リスクが大きいです。
それらのトラブルを防ぐ意味でも、偽造が難しく、複雑にしておくことで、より安全性が高まっていくのです。

〔話題のおすすめ通販サイト〕

ページの先頭へ